ヒブワクチンの供給不足について

ヒブワクチン製造元であるサノフィ社の製造・流通過程の問題により、ワクチンの注射針が「錆びた(さびた)」不良品が発生しているため、ヒブワクチンの供給が停止されることになりました。

当面は製品の点検と原因究明を行い、2月末に今後の供給見通しが発表される予定です。

その間、厚生労働省からは「1回目と2回目の接種を優先するように」通達が出されています。

通達を受け、当院ではヒブワクチンの接種について下記の方針といたします。

 ①「新規の接種予約」 ➡︎ 中止いたします(2月5日 現在)

 ②「当院で1回目の接種をした方」 ➡︎ 2回目の接種は予定通り行いますので、お電話で予約をお取りください

 ③「2回以上の接種を済ませている方」 ➡︎ 3月以降、供給が再開され次第、接種いたします

最低2回の接種が済んでいれば、しばらくのあいだ、ヒブ(Hib)への免疫力は維持されるものと考えられます。

2月下旬以降、サノフィ社および厚生労働省から情報が発表され次第、ホームページ「NEWS」でお知らせいたします。

ご迷惑・ご心配をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。