コロナワクチンの接種開始

お電話でのご予約ご相談、お問い合わせはお断りしています。
患者さんの診療の妨げになりますので、どうかご遠慮いただくよう、重々お願い申し上げます。

12歳以上の小児に対してもコロナウイルスワクチンの接種が認められました。
当院では8月21日(土)から接種を開始し、10月下旬に接種を終了または削減する予定です。

接種対象 12歳以上〜年齢制限なし
(保護者の接種も行います)
ワクチン ファイザー製mRNAワクチン
筋肉注射 3週間間隔で2回接種
接種日 月曜・木曜14時〜15時
土曜14時〜16時
2回目の接種は、1回目接種から3週間後の同じ曜日

接種予約は希望日の1週間前の午前0時から予約が可能です。予約日の5日前まではキャンセルが可能です。
インターネットから予約をお取りください。

ご予約はこちら
https://ssc3.doctorqube.com/konandaikodomo/

無断でのキャンセルは固くお断りします。その場合、どのような理由であれ、その後のワクチン接種はいたしませんのでご了承ください。

ワクチンについてご質問がある方は、以下のメッセージをお読みください。
その上でご心配があれば、事前に受診して直接ご相談ください。
いざワクチンを接種するときに、時間をかけてご説明をすることはできませんので、ご了承ください。

子どももワクチンを接種した方が良いでしょうか?

できれば接種した方が良いですが、大きな不安を抱えながら接種する必要は全くありません。

日本小児科学会の提言・Q&Aはこちら
https://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=94

(院長の個人的な)解説

  • コロナウイルスワクチンが体内で働く仕組みや、有害事象の発生報告から、コロナウイルスワクチンの安全性は高く、後遺症などの影響が残る可能性は極めて低いと考えられます。
  • コロナウイルスワクチンは他の病気のワクチン(インフルエンザや肺炎球菌、おたふくかぜのワクチンなど)と比べて、特に予防効果が高い優秀なワクチンです。
    変異型コロナウイルスについても重症化を予防する効果があります。
  • 子どもたちも、コロナウイルスワクチンを接種することで感染を防ぐ効果が得られます。
    ワクチン接種によるメリットがデメリットを上回るため、米国疾病予防管理センター(CDC)や米国小児科学会(AAP)は12歳以上へのワクチン接種を推奨しています。
  • 一方で、これまでの経験からコロナウイルスワクチンにより高熱や倦怠感、腕の痛みなどの副反応が、高齢者では少なく、30〜40歳代では頻発することが分かっています。
    子どもではワクチン接種による副反応が高い確率で出るかもしれません。
  • 注意すべき副反応として、非常に稀にアナフィラキシーや心筋炎が起きることがあります。
    これらの事から、日本小児科学会は更にデータが集まるまで米国よりも少し慎重な姿勢を取っています。
    ただし、これらの副反応が生じる確率は10万回接種に数回程度で極めて低いと考えられ、ワクチン接種を避けるほどの理由にはなりません。
  • デルタ株と呼ばれる感染力の強い変異型コロナウイルスの流行により、子どものコロナウイルス感染も確実に増えています。
    しかし、子どもの死亡例は0名、後遺症も稀であるため、ワクチンにより「自分の命を守る」という直接のメリットは低いようです。
  • 「社会の流行を防ぐために」「高齢者にうつさないために」小児もワクチンを接種すべきとの意見がありますが、流行の中心である青壮年、中高年を含む大人たち全員がワクチンを接種して、コロナウイルスの流行を防ぐのが先決です。
  • 「学校行事の中止や学級閉鎖を減らすため」「学校生活を元に戻すため」との意見についても、そもそも子どもの感染の多くは学校を休むほどの健康被害にならないため、感染症の法令や教育現場での運用方針を変えれば現実的な問題はなく、小児へのワクチン接種を強く勧める理由にはなりません。
  • 現在、子どものコロナウイルスワクチンを取り巻く状況は以上の通りです。
    これらより、院長個人としては、『コロナウイルスワクチンは安全性と予防効果が高い。できれば接種した方が良いが、大きな不安を抱えながら接種する必要は全くない』と思っています。

    当院ではワクチン全般について強く肯定する立場をとっており、特に普及率の低い子宮頸がんワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)については、早く対象者全員が受けるべきだとお話ししています。
    現時点では(2021年8月)、コロナウイルスワクチンについては弱い推奨になりましたが、ワクチン全般に反対派だからではありません。
    ワクチンは人類史上、最も多くの命を救ってきた最大の医療革命であり、コロナウイルスより遥かに恐ろしい病気の数々が、ワクチンのおかげで予防可能になりました。
    現在、私たちが接種を受けることができるワクチンは、研究者たちのたゆまぬ努力と叡智の結晶として生み出された贈り物です。
    贈り物ですので、受け取るか受け取らないかは自由です。
    接種のリスクと病気にかかることのリスクを比較して、子供たちの健康のために最善を尽くしていただければと願います。

    港南台こどもクリニック 院長 高橋亨岳

    港南台こどもクリニック診療時間表

    ※年末年始、お盆は休診