【重要】コロナウイルスの検査について

爆発的なコロナウイルスの流行により、検査キットが全国的に不足しています。現状、製造販売業者からの納入が停止しているため、検査の適応を考慮して行います。


①基本的に「抗原検査」を行います。

②検査の対象となるのは「38℃以上の発熱がある方」で、「咳や鼻水だけ、微熱だけの方」に検査は行いません。

③重症度が高いなど、医学的に必要な場合のみPCR検査」を行います。
保護者の勤務先などからPCR検査を要求されるケースがありますが、それらの要請に合理的な理由はありません。

感染の可能性が明らかに低い方/軽症の方(陰性)逆に、明らかに感染している方(陽性)
上記に該当する方については、医師の臨床判断で検査をせずに診断することがあります。


検査キットがなくなってしまうと、当院で発熱診療を行う事ができなくなりますので、どうぞご理解ください。
お知らせ 【重要】発熱診療について コロナ流行第7波 も、ご覧ください。