5〜11歳のコロナワクチン接種について

当院では当面のところ、5歳〜11歳のお子さんに新型コロナウイルスのワクチン接種を行う予定はありません。今後の社会情勢に応じて随時に検討いたします。(2022年3月現在) 接種をお急ぎの方は、申し訳ありませんが他の小児科医院で接種を受けてください。

また、接種についてお悩みの方は当院の外来を受診してご相談ください。

接種医療機関の一覧は以下のリンク、または「横浜市」「小児接種(5〜11歳)協力医療機関について」 で検索

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/shoni-yoyaku.html

 

5歳〜11歳の新型コロナウイルスワクチン接種について

2022年3月現在、子どもたちの間でも新型コロナウイルス・オミクロン株の流行が拡大しています。ワクチンを接種するか悩まれている保護者の方も多いと思いますが、院長個人は「ワクチンを接種するだけの十分な理由がないため、5〜11歳の子どもが急いで接種する必要はない」と考えています。

ただし、コロナウイルスワクチンが危険であったり、重篤な副反応や後遺症が特別に起きやすいわけではないことも強調しておきます。基礎疾患の有無や家庭の状況により接種を必要とするお子さんも居られます。十分に説明を受け検討したうえで接種が必要と判断された方は、自信を持って接種していただきたいと思います。

5歳〜11歳にコロナウイルスワクチンを接種しない理由は下記の4点です。

  • 子どもではコロナウイルスに感染してもほとんど重症化しないこと
  • 子どもでのワクチンの有効性が十分に分かっていないこと
  • ワクチンで得られた免疫は数ヶ月で減弱してしまうこと
  • 新たな変異株の出現やワクチンが変更される可能性があること

コロナウイルスに感染したお子さんを何百人も診察しましたが、入院された方は1名もいません。平均1〜2日で解熱してしまい、その後は元気にされています。子どもにとってコロナウイルスは、何が何でも防がなければいけない病気ではありません。感染しても大きな問題のない病気と言っても良いでしょう。

一方で、ワクチンは立派な薬剤であり、有益な作用もあれば副作用もあります。治療薬やワクチンを用いる際、医師は患者に対して、「なぜこの薬(ワクチン)が必要なのか、どれくらい病気を治す(防ぐ)ことができるのか」説明ができなければいけません。5〜11歳児のワクチン接種については、この点での説明が困難です。私は医師として、確信を持って勧めることができない治療を患者さんに行うのは良心が咎めます。制度だけが一人歩きして保護者と子どもたち、医師までをも混乱させている印象を受けます。

また、5歳〜11歳ではコロナウイルスワクチンの努力義務はありませんが、この点をご存知でない方が多いように思います。努力義務がないということは、接種するように努める必要はないということです。接種をしてもしなくても自由であり、よく考えたうえでの選択であればお子さんへの責務は十分に果たされています。

コロナウイルスワクチンは子どもの既存のワクチンとは重要度が全く違います。現在、子どもが接種するべきワクチンはいずれも、年間に数百人から数千人の子どもたちの命や健康を奪ってきた恐ろしい病気に対して、有効性の保証された素晴らしいワクチンです。(ロタウイルス、B型肝炎、肺炎球菌、ヒブ、四種混合、B C G、麻疹風疹、水痘、おたふくかぜ、日本脳炎、子宮頸がん)詳しくは、当院ホームページの「予防接種のご説明」をご覧ください。これらのワクチンと同列、あるいはそれ以上に重要なワクチンであるなどの誤解は決してなさらないようにお願いします。

現状のコロナウイルスワクチンでは、成人では2回の接種から半年後に3回目、あるいはその後も接種を重ねなければ獲得した免疫が長続きしないようです。この点、小児では先々の計画は未定です。ワクチンが有効性の高い新しいタイプに変更される可能性もあります。

 

以上が、まだ当院では5歳〜11歳にコロナウイルスワクチンを接種しない理由です。

今後、子どもでも後遺症の発生報告が増えたり、新たな強毒性の変異株が出現するなど事態が変化すれば、コロナウイルスワクチンの重要性も高まります。その際は当院かかりつけの患者さんが速やかに接種を受けられるように、体制は整えていきます。

種々の医療情報を総合して接種が必要と判断された方に関して、反対するつもりは全くありません。ワクチン自体は有害なものではありませんので、小児科の医院で自信を持って接種に望んでいただければと思います。未だ迷いのある方は外来でご相談ください。基本的に私は「もう少し待って周囲の状況を見てから判断してはどうですか」とお話ししています。何となく接種した方が良さそうだからと、十分な説明なしに接種を受けるのは避けてください。

長くなりましたがここまでお読みいただき、ありがとうございました。正解のない問題で、子どもたちの健康のために悩み決められた決定に誤りはありません。そのお手伝いをさせていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

港南台こどもクリニック 院長 高橋亨岳