生まれたばかりの赤ちゃんは、ぼんやりとした視力しかありません。
それは「眼球」で見たものを、「脳」を使って認識することが上手にできていないからです。いろいろなものを見ることで視力は次第に発達し、6歳頃に完成するとされています。
もし遠視や乱視など屈折の異常があるとピントがあった像を見ることができず、視力の発達が妨げられて「弱視」になってしまいます。
特に片目だけ「弱視」の場合は見えづらそうな仕草が目立たず、異常に気付かれないことも少なくありません。
発見が遅れると治療をしても効果がでないことがあるため、4歳までに視力検査を受けて、早く異常に気づくことが非常に重要です。
スーパーフォトセラピー
港南台こどもクリニックでは「スポットビジョンスクリーナー」を使って視覚の検診を行なっています。
この検査機器は生後6ヶ月から使用でき、弱視のリスクである強度の屈折度数異常(遠視・近視・乱視)や斜視について95%以上の成功率で検査することができます。
抱っこされた状態で、ほんの数秒ほどカメラのような機械を見つめることが出来れば検査終了です。

また、下記のようなしぐさや動作が見られるときは目の病気が疑われますので、必ず受診して検査を受けてください。

  • たまに目線がずれることがある
  • 頭を傾けてものを見ている
  • テレビを前の方で見るようになってきた
  • 片方の眼を隠すと嫌がる
  • 眩しそうで、片方の目を強くつぶる
  • つまづきやすい、転びやすくなった
スポットビジョンスクリーナー 検査料
生後7ヶ月、1歳の乳児健診 無料
乳児健診以外※ 自費500円

※検査を受けた事がない方は4歳までに検査を受けてください。

弱視について詳しくはこちら(動画)

港南台こどもクリニック診療時間表

※年末年始、お盆は休診