病気のときのすごし方

こどもが病気にかかったら

こどもが病気の時のすごし方 :こどもは成長の過程で何度も病気にかかります。多くは風邪や胃腸炎など軽症の病気ですが、熱が高い、咳が長引く、嘔吐や下痢を繰り返す、発疹が出た、など色々な症状を目の前にして不安になられると思います。それぞれの症状にはそれぞれの注意点や対応の仕方がありますが、病気の時の全般的な過ごし方について以下を参考にしていただければと思います。

【受診のめやす:生後3~4か月まで】

乳児期早期では、しばしば重篤な病気で具合が悪くなっていることがあるため、早めに病院を受診する必要があります。①38℃以上の熱がある、②呼吸が苦しそう、③哺乳がほとんどできない、④元気がない、⑤うまく説明できないが何か様子がおかしい、これらの症状がどれか一つでもあるようなら、すぐに小児科で診察を受けてください。自己判断で様子を見たり、小児科以外の病院を受診して抗生剤(抗菌薬)や解熱剤を使ってはいけません。

【受診のめやす:生後5か月以降】

生後5~6か月ころからお母さんにもらった免疫がなくなり、「風邪」や「突発性発疹」などの病気、また季節に応じて流行している病気にかかることが増えてきます。重篤な病気である可能性は低くなるため、そこそこに元気があり、全身状態が悪くなければ、おちついて当日または翌日の日中にかかりつけ医を受診しましょう。

【基本的な過ごし方】

外出は控え、自宅で安静に過ごしてください。お子さんが一人になることは避け、症状や様子の変化に気を付けましょう。家事などでお子さんのそばを離れるときは周りに危険なものを置かない、階段やベランダなどにも近づかないように気を付けます。2歳までの乳幼児ではうつぶせ寝は避けてください。1日3回程度(朝昼夜)体温を測ってください。エアコンの温度設定は26~28℃程度として、パジャマでも過ごしやすい程度の室温(28℃程度)になるようにしましょう。加湿するときは湿度60%程度を目安にしてください。

【入浴について】

熱が出ているときに入浴を避けることが多いかもしれませんが、実は医学的根拠はありません。逆に何日もお風呂に入らないと、汗や汚れにまみれて発疹が出たり、オムツかぶれが悪化する原因になります。確かに体温が上がっているときに湯船に浸かって更に体温が上がるのは好ましくありませんが、短時間で切り上げる、シャワー浴にするなどして清潔にしている方がずっと良いと考えられます。湯冷めをしないように気を付けてください。皮膚に傷やジュクジュクした発疹があるときの入浴については、医師に相談してください。

【食事について】

消化の良い食事を控えめに食べさせ、油ものや味の濃いもの、刺激物は避けてください。「りんごのすりおろし」「卵豆腐」「野菜雑炊」「煮込みうどん」「白身魚やささみ肉のポトフ」などを試してみてください。食欲がなくて何も食べないときは、好物のお菓子やアイスクリーム、プリンなどをあげても構いません。癖になってしまっては困りますが、病気の時に限っては、何も栄養を摂らないよりはずっと良いと考えます。

食事を摂らないようでも水分はこまめに飲みましょう。母乳栄養の赤ちゃんはいつも通り母乳を与えてください。粉ミルクの赤ちゃんの場合、ミルクを薄めて飲ませることはしないでください。年長児では、白湯やお茶だけを飲んでいるとカロリーや塩分の不足を招きますので、経口補水液やスポーツドリンク、スープなど、「糖分」と「塩分」を含む飲み物を与えてください。経口補水液は自宅で作ることもできます。

【薬の飲ませ方、使い方】

お薬を嫌がって泣いてしまうこともありますが、強引に飲ませると薬嫌いになったり、誤嚥する可能性もありますので、基本的に泣いているときには薬を飲ませないようにします。抗菌薬(抗生剤)や喘息治療薬など一部の薬を除き、咳止めや鼻水止めの薬は病気を早く治してくれるわけではないので、無理をして飲まなくても構いません。薬を飲む理由を優しく説明して、うまく飲めたら褒めてあげて下さい。ご褒美シールなどを使うのも良いと思います。

基本は、「粉薬は少量の水で溶いて飲ませる」、「シロップは哺乳瓶の乳首やスポイト、スプーンを使って飲ませる」ようにします。苦みのある薬は甘い味のする黒蜜やアイスクリーム、ゼリーなどに混ぜる・くるむようにして飲ませます。逆に、柑橘系やイオン飲料など酸味のあるジュースに混ぜると苦みが強調されることがありますので注意して下さい。また、ミルクに混ぜて飲ませようとした結果、哺乳しなくなってしまうと困りますので、ミルクには混ぜないようにしてください。

【登園・登校について】

一般的な「かぜ」などの病気であれば、熱が24時間以上下がっており、嘔吐がなく、咳や下痢がひどくなければ登園・登校して構いません。それなりに元気があって、食事も普段の半分程度は取れる必要があります。

出席停止期間が決まっているのは、「インフルエンザ」「水痘(みずぼうそう)」「流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)」「麻疹(はしか)」「風疹」「咽頭結膜熱(プール熱)」「百日咳」などです。かかりつけ医の診察を受け、定められた日数が経てば許可書を発行してもらいます。「ヘルパンギーナ」「手足口病」「溶連菌感染症」「伝染性紅斑(りんご病)」「マイコプラズマ感染症」「流行性嘔吐下痢症」「ウイルス性肝炎」についての規定はありませんが、流行の恐れがあるときは欠席するよう指示され、登園登校許可書を求められることがあります。

関連記事

  1. RSウイルス感染症

  2. インフルエンザワクチン予約開始

  3. はじめまして。

  4. インフルエンザワクチン②

  5. こどもの「かぜ」

  6. 病気

    インフルエンザによる異常行動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA